大きさや性質|三段ベッドの購入では素材にも注目|子供に優しい家具選び

三段ベッドの購入では素材にも注目|子供に優しい家具選び

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きさや性質

和室

ちゃぶ台のイメージには「丸い」というものがありますが、実は丸くないものもあります。今現在では「折りたたむことができる」「手頃な大きさ」であればなんでもちゃぶ台であるとされていて、その形式も様々になっています。食物を置く性質も備えているため、勉強机という意味合いはありません。もし勉強机が欲しかったらちゃぶ台で探していても欲しいものは見つからないでしょう。このように定義は広いけれども、勉強をするような机ではなくご飯を食べるときのためのものという意味合いがあるので、探すときには注意です。四角いものはあまりちゃぶ台とはいわないといいましたが、やはり丸いものの方が使い勝手はいいでしょう。四角だと角に人が座ることができませんが、丸い形だとどこにでも座ることが可能です。このことから、家族が増える予定のある家庭に最適な家具だといえるのです。

ちゃぶ台のサイズはある程度決まっていて、90センチから120センチまでとなっています。これ以上大きいものを望んでいるのなら座卓を探すのが早いでしょう。座卓にも折りたたんで収納できるものはありますが、基本的に固定脚です。そして脚の長さですが、脚があまり長すぎると子供の背が届きませんし、低すぎると大人が使えません。脚の長さは子供の椅子が入るような大きさで、大人が脚を折りたたんだり低い椅子に座っても良いものを選びましょう。最近では脚の長さを調節できるタイプもあるので、子供の成長に合わせて、もしくは高齢者の脚の状態に合わせて選べます。